聖山玄龍のもっと詳しいプロフィール!

風水鑑定師  聖山玄龍

出身地は石川県羽咋市飯山町チ14で、1947年11月3日、に誕生しています。1945年8月15日、日本が敗戦となったその後に、戦地からの復員によって戦後のベビーブームに誕生しました。

いわゆる団塊の世代と呼ばれているその世代の一人ですね。現在の少子高齢化とは真逆の時代ですね。(笑)

そして

  • 羽咋市立飯山小学校
  • 羽咋市立邑知中学校
  • 石川県立七尾職業訓練所
  • 二・三輪整備科

と進み、卒業後は17歳から社会人となって、金沢市内の自動車会社の整備士として人生が始まりました。

実は、せめて高校は卒業したいと言う願いはあったのですが、私達の中学校卒業時では高校へ進学する生徒と就職する生徒の割合はほぼ半々でした。

実家が普通であれば高校進学は可能だったのですが、経済的な事情から一年間の職業訓練を経て就職する事になったのです。

人生は

「自分の願いどおりには成らない」

という挫折感のようなものを、この時点で悟らされました。

そして、波乱万丈の人生がここから始まったのです。

どんなことでも、過ぎてみれば、何処で間違ったのか、何処を変えるべきだったのかなど理解するのは誰でも同じと思いますが、

若くて未経験である事、それゆえ好奇心や、チャレンジ精神、負けず嫌い、我慢が出来ない!など、自分の短気な性格が安定した人生を行けるはずが無かったんですね。

初めて就職した自動車会社は、それでも1年半ほど勤めることが出来ましたが、同僚とケンカしたことが原因でその後は自動車会社を転々としました。

そして、さらに次々と職を変えました。

  • 運送屋
  • 配管工
  • キャバレーのボーイ・バーテンダー
  • 自動車セールスマン

そして最後が土木建設業。

ここは水が合うと俗に言うのですね、気付いて見れば35年間も働いていました。

ですから、その間に色んな資格を取り、又勉強や経験を積む事が出来たのが自らの財産なんだと感じています。

そして現在のライフワークである運勢鑑定はある不思議な体験から出発したものです。

私は、26歳で家庭を持ち、結婚生活をしていく中で不思議な出来事や、理解しがたい事を経験しました。

そんな時「何が原因でこんな風になるのか?」と思うのは
人間誰しも共通の想いでは無いでしょうか?

そんな時に私が悟ったもの。。。

それは人生において大きな影響を与える【運勢】と言う物が存在しているのだと言う事です。

そしてそれを実感したのは「世界運命学会」の先生と出会った時でした。現在も私の師で有ります。

私は懸命に

  • 姓名判断
  • 四柱推命
  • 家相
  • 陽宅風水
  • 墓相
  • 陰宅風水
  • 印相鑑定

など「鑑定」について学びました。

家相、墓相を鑑定する上に於いて土木建設で得た経験が大いに役立ち、又、様々な人生経験も鑑定ばかりでなく、多くの相談にも役立っている事を実感している昨今です。

現在、石川県を中心に、富山県、福井県、の出張鑑定をはじめ、遠方の県や、インターネットを通じて全国にて活動の場を広げています。

自宅は石川県野々市町住吉町16-18で『占いビッグワン』という“風水鑑定”のお店を運営しています。
お近くまでお出でになりましたら気軽にお立ち寄り下さい。

姓名鑑定
四柱推命
玄空飛星
玄空大卦択日法

風水師 聖山玄龍

 

スポンサーリンク