姓名判断で相性や最強の画数を知って人気運や恋愛運・結婚運も高めよう!

【姓名の重要性】

姓名に秘められた運勢

人間、誰もがこの世に生を受けてから最初に与えられるのが【名前】です。

両親は子供が生まれるまでに、姓名判断などの本を見ながら「ああでもない、

こうでも無い」と名前を検討します。

親や尊敬する人に命名を依頼する人もいます、将来の希望を託した名前をつけるひとや

好きな野球選手の名前を付けたり、歌手の名前にあやかったりする方もいらっしゃるでしょう。

いずれにしても一度命名された名前は一生その子について回ります。

両親をはじめ先生や友人からも一日に何度も呼ばれ名前でもって自分と言う存在が認識

されます。

偉業を成し遂げれば新聞に名前が掲載されます。歴史に残るのも名前です。

自分がこの世にいなくなっても名前は墓標にに刻まれ、後孫はその名前で先祖で有る事を認識します。

この様に一度命名された名前は、自分と言う存在と一体不可分のものとなり永遠に残るのです。

 

スポンサーリンク

名前の由来

皆さんは自分の名前の由来を両親から聞かれたことはないでしょうか?

多くの場合は命名の際、両親は「こんな人に成ってもらいたい!」と思いを込めて
命名します

例えば昭和から平成に掛けて多く命名された「拓也」と言う名前には自分で

新しい分野を開拓し成功して欲しいと言う思いが込められています。

子供は名前を通して親の願いを知り無意識のうちにその願いに応えようと

努力するのです。

姓名は思いや願いが込められている

この様に見て行くと私と言う存在を文字で表す姓名は単なる記号ではなく様々な

思いや願いが込められています。

この様に姓名は私達の人生に無意識のうちに何らかの影響を及ぼしているのです。

私達につけられた姓名も単なる文字の集まりではなく魂を持った「ことば」なのです。

ところで姓名は漢字やひらがなで表されますが、漢字は一画一画の画数で構成されて

います。

 

姓名学では姓名を構成するこの一画一画の画数に運勢的な意味が秘められていると考えます。

そして、命名と同時に文字の数霊が働き、人間の性格に影響を与え意志力を左右し、

生死にかかわる人間の運勢を支配するのです。

姓名学は東洋思想と統計学を基に姓名の持つ運勢を追求してきた運命学の一分野です。

姓名学を通して名前に現れた運勢を読み自分の欠点を補ったり災難を察知して未然に

回避することも出来るのです。

ところで命名の際に「健太」とか「剛」とか漢字の意味だけを重要に考えて

付ける方がおられますが、運命学の観点からすると、画数を数え、苗字と

相性を検討する必要が有ります。

 

折角健康で大きく育って欲しいと名付けた名前にも関わらず苗字との画数の関係が

合わずに画数の運勢が悪くなり病弱な運勢を背負ってしまう事も有ります。

それゆえに、命名の際は文字の意味は勿論ですがそれ以上に字画を検討して

字画数を吉相にしてあげることがとても重要で有る事を、おろそかにしないで下さい。

 

弘法大師が伝えた姓名判断

ここで日本人の名前の歴史について見てみますと、明治時代になるまでは公家や

武士、一部の豪商を除き一般庶民は現代人のような苗字を付けることは有りませんでした。

明治維新を迎えて新政府はすべての人々に苗字を付けることを許可しました。

 

人々は、神主や僧侶に頼んで苗字を付けてもらいましたが、多くの場合地名や屋号、

職業、信仰、あやかりなどに由来した苗字が付けられたと言います。

その際、日本で生まれた苗字は300,000から400,000程の苗字が生まれました。

ちなみに日本の隣国である韓国においては苗字は約250、中国でも約500ほどの苗字しか

有りません。

日本で、姓名学は弘法大師(空海)が唐(中国)から多くの学問を習得して帰国した後、

「聲字相義」(せいじ そうぎ)が原点だと言われています。

その後鎌倉時代以後は武家の間では「反切法」(はんせつほう)という姓名判断が活発に

行われたと伝えられています。

例えば「徳川家康」が「松平」から「徳川に」改名し、運勢を高めた話は有名な事です。

一方庶民はどうしたかと言うと、お寺の坊さんや神社の神主さんに頼み吉相の名前を付けて

貰っていました。

その為、お坊さんや神主さんは姓名判断の知識を持ち吉相の名前を資料として残したと

言います。

 

スポンサーリンク

名前は時代を反映する

名前の歴史を見てみるとその時代の背景が色濃く反映されています。

現在の日本は飽食の国に成っていますが、しかしほんの半世紀前は食べる物にも事欠く

貧困と飢餓の国でした。

その為大正から昭和中期にかけて付けられた名前は「稔」「実」「茂」「豊」などの

名前が非常に多く、子供には兎に角食べ物に困らない生活を送ってもらいたいと願って

命名されました。

プロ野球選手として、又、監督としても活躍した長嶋茂雄元巨人軍監督もこうした豊作を

願って付けられた名前かも知れません。

昭和16年には太平洋戦争が始まった頃には「勝」「勝利」と言う名前が名前の

ランクトップ10の上位を占めていました。

人々の願いも戦争に勝つことだったのですね。

終戦に成ってからは、女性の名前のトップは「和子」昭和26年以後は「惠子」「洋子」「和子」

が女性の名前の御三家となりました。

やがて高度成長時代では男性の名前は「博」「浩」「洋」が多くなり、平成では「大輔」「達也」

女性は「美咲」「葉月」「優花」「さくら」が命名の上位を占めています。

 

そして正に今日に於いては、男性が「歩夢 あゆむ」「優輝 ゆうき」

「和希 かずき」 「虎太郎 こたろう」 「真大 まさひろ」

 

女性は、「美羽 みわ」「真央 まお」「そら」「莉央 りお」「奈々 なな」

「未羽 みわ」「莉子 りこ」「桃子 ももこ」

名前は親が愛する我が子に与えることが出来る最大の運勢なので是非とも吉相で良い画数

の名前で素晴らしい人生を作って欲しいものですね。

 

改名することで成功した歌手、芸能人として有名な方が下図の五木ひろしさんです。

松山まさるの運勢は?

1965年6月、五木ひろしは、松山まさるを芸名として、コロムビアから
「新宿駅から/信濃路の果て」でデビュー。

しかし頼みの綱だった上原が同年8月、軽井沢へ向かう車中で心臓発作のため急死、
五木ひろしはまだ17歳だった。

シングルを計6枚発売するもヒットに至らず、1967年に日本グラモフォンへ移籍。

この時期は都はるみや北島三郎らスター歌手の前座や、キャバレー回りが主で仕事の
大半は地方巡業だった。

 

三谷謙の運勢は?

五木ひろしが、松山まさる→一条英一→そして三度目に改名したのが三谷謙と言う名前でした。

よみうりテレビ制作のオーディション番組『全日本歌謡選手権』に、歌手生命のすべてを
賭けてミノルフォン専属のプロ歌手“三谷謙”として出場。

もし落ちたらプロ歌手として失格の烙印を押され、弾き語りの仕事にも響く、
この生活を捨ててまで危険な挑戦をすべきかで悩んだ。

第1週挑戦時には、「これで駄目なら、ふるさとの福井に帰って農業をやる」と
覚悟のほどを語っているが、最終的には10週連続で勝ち残り、グランドチャンピオンに輝きました。

五木ひろしの運勢は?

1971年3月に新しい芸名を五木ひろしとして、ミノルフォンから再デビューを果たします。
苗字の「五木」は山口洋子が五木寛之から頂戴したという。

また、「いいツキをひろおう」と言う意味もあったそうであります。

ここからの五木ひろしさんはヒット曲の連続で、歌手は勿論タレントとしても芸能界では

引っ張りだこの人気者になり、現在もなお活躍中です。

2021年10月17日、大阪の新歌舞伎座で行われた自身のライブで、同年の大みそかの

「第72回NHK紅白歌合戦」への不出場の意向を示しました。

これまでベテラン大物歌手は事前にNHKから連絡を受け『辞退・卒業』などの言葉を

発したが五木さんは『終了』と発表しましたね。

 

紅白歌合戦に歴代最長の50回連続出場しており、その記録は50回目で途切れることとなりました。

如何ですか?実力が有る事は勿論ですが、実力が有っても運勢が無いと活躍出来ません。

五木さんの姓名判断の画数をご覧に成ればハッキリと物語っていますね。

実力が有っても名前が運勢のない名前では活躍できなかった、松山まさると、三谷謙が

五木ひろしに変える事でとてつもなく運勢が変わりましたね!!

姓名判断も奥深いものが有ります、それゆえに命名する時は吉相の名前にしてあげたいですね。

 

姓名の画数に運勢が有る

【戸籍の名前に生来の運勢が現れる】

当会では戸籍法という方法を採用しています。

戸籍に記されている姓名を漢和辞典に書かれている通り数える方法です。

当会がこの鑑定法方法を推奨するのは、この世に生命が誕生し、命名され役所に

出生届を出したときの姓名にその人の運勢が発生すると考えるからです。

 

戸籍に姓名が刻まれることにより、その姓名は公的、社会的なものとなります。

例えば沢田さんと言う方が日常「沢」と言う漢字を使っていても戸籍には「澤」

となっていた場合はまず、「澤」の画数で鑑定します。

 

渡辺さんの場合でも戸籍が「渡邊」さんの場合も「邉」での鑑定を優先致します。

多くの鑑定結果から経験的にも確信を得ることが出来て、当会に鑑定に訪れた方

からも本質的な課題を的確に言い当てると共にご本人も納得されることを多く

体験させて頂いております。

あなたも姓名判断が出来る様になって見ませんか?

聖山玄龍の運勢鑑定師養成講座では姓名判断、九星気学、四柱推命、風水家相など

あなたの希望に合わせて、「基礎コース」「セルフ鑑定コース」「プロフェッショナルコース」

学んで頂けるように準備して有ります。

 

関心を持って下さった方はこちらから「お問い合わせ」「受講お申し込み」が出来ますので

気軽にクリックしてみて下さい。宜しくお願い致します。

 

 

最後まで読んでいただいて有難う御座います。

現在順風満帆で人生を歩んでいる人も、悩みの真っただ中にいる人も、

これからどの道を進めばよいのか悩んでいるなら気軽にご相談下さい。
鑑定お申し込みはこちら

※運勢は2,3カ月に一度はチェックすると良いです!

 リピーターさんは鑑定料2割引きの特典が有ります!!
気になる事があれば気軽にこちらへ

 

関連記事

風水で方角やラッキーカラーで恋愛運が急上昇!部屋やアイテムをチェック!

2022年8月5日

聖山玄龍の鑑定師養成講座お申込みフォーム

2022年7月31日

風水鑑定師養成講座!姓名判断・九星気学・四柱推命・風水を通してあなたの運勢を改善!

2022年7月31日

 

 

最後まで読んでいただき有難う御座います。

 

 

スポンサーリンク