2020年の風水の置物は十二支から!財運アップの為に招き猫も調査!

そろそろ、2020年の準備を始めようかと思っていたところ、毎年恒例ですが十二支の置物の
一つであるネズミの置物を話題にしてみます。

東京オリンピックのある2020年は庚子、七赤金星中宮の年ですからネズミの置物になりますね。
商店ではいろいろかわいいネズミさんの置物や小物が所狭しと並んでいます。

そうそう、ネズミと言えばピカチュウもネズミの仲間ですから子供たちからも愛される人気者
です。

又、ネズミは多産であることから、豊かな繁栄と豊穣を願って飾るインテリアでもあります。

子孫繁栄の象徴とされ、古来より、五穀豊穣の神である大黒天の遣いとされ、豊かな実りや財力
の象徴ともされてきました。

豊かな繁栄と豊穣への願いを込めて、新年のインテリアに愛らしく気品溢れる干支を飾ると運気も
アップするかもしれませんね。

大きな財産を運びこんでくれることでしょう。

スポンサーリンク

十二支の各々にはその動物特有の力が備わっている

風水では各々の動物にはその動物特有の力が備わっていると考えます。
例えばウサギは五行でいうところの「木」の気を持っていて耳の大きいウサギは社交運を上昇させます。

風水好きの方なら龍やカエル、ウサギや蛇、ゾウやトラといった置物を置いている方も多いのでは
ないでしょうか?ただウサギが好きだから置いているというのももちろんいいのですが、

その動物の持つ力を理解しているともっと楽しいかも知れませんね。
されでは、各々動物の置物の不思議な力を紹介していきます。

ウサギは縁結び・社交の象徴

oko

ウサギは縁結び・社交運アップの象徴!?
なぜウサギにそんな力があるのか、それは昔話からもわかるところがあります。

昔話にある「因幡の白兎」を皆さんご存知でしょうか?
ヤガミヒメに求婚に行く途中、海を渡ろうとしたウサギがワニを騙して一列に並べてワニの

背中を踏んで歩いて渡ろうとしたのですが、その渡り終わる最後に騙されたと分かったワニは
ウサギを捕まえて皮を剥いだと言うのですね。

皮をはがされて嘆き悲しんでいるウサギを「大国主」が助け、助けられたウサギの予言通り、
「大国主」は意中のヤガミヒメと結婚できたというお話です。

ここからもウサギは縁結びの象徴と呼ばれるゆえんである事が見て取れると思いますね。
ウサギは、方位的には「東」を表すのでウサギの置物は家の中心から見て東方位に置くと
いいですね。

縁結び、特に恋愛運を集中的に上げたい場合はピンクの物を一緒に添えるか、ピンクのウサギ
を選ぶといいですね ^^/

「ウサギ」はとてもさびしがり屋なので人を惹き付ける力を持っています。
よくウサギは一匹では生きられないと言います。だからいつも二人でいたいと言う事なんですね。

蛇は金運・財運UPの縁起物

he-1

蛇は金運・財運UPの縁起物!と言われていますね。
蛇って見るからに不気味に見えたり、人によってはキモイと思う人も多いのではないでしょうか?

そんなに良いイメージないんですけど、なぜ蛇が”金運UP”に効果的なんでしょうか?
それは「蛇」は何度も脱皮を繰り返し常に「成長」を遂げ、ていく生物なのです。

生命力が強い蛇は「命」の象徴なんだそうです。
その蛇が良く神社等の守り神と呼ばれたりすることや、また蛇自体が龍にもよく似ている
ことから幸運と富を司る動物となっている訳ですね。

「財運」がUPするということは「商売・ビジネス(仕事)」が上手く行った結果という
ことなんですね。

蛇は(巳の方位)東南を表すので五行では「木」の気を持っていることになります。
ですから、方位としては東南の方角になります。

又、一説では「巳」は結婚運や恋愛運を司るので、東南もさることながら方位に捉われずに
玄関に置くと蛇の力を最大限に生かすことが出来ると言われていますね。

スポンサーリンク

虎は四神獣の一つで武勇を象徴した守護獣です

虎は四神獣の一つで武勇を象徴した守護獣!ですね。
とっても頼りがいのあるお守り的な動物です。

四神獣である白虎は、邪気を追い払い、家・家族・子供を守ります。
こちらも蛇と同様に玄関に置くことにより悪い気が侵入するのをシャットアウトしてくれます。

人は朝起きて仕事に行き、仕事から家に帰ってくるころには悪い気を体中に纏っています。
その悪い気をトラが一声吠えて追い払ってくれると言うんですね。

ちなみに、虎は子供を大変大事にすると言う習性がありますので子供に虎のキーホルダーなんか
持たせるとお守りの代わりになると言われています。

でも、虎だけが子供を大切にするという意味ではありません、お間違えの無いように^^;。

 

金アップ!カエルの置物は商売繁盛の力を持っている

kae

ここからは十二支とは関係ないのですが、金運に関係のある動物を紹介してみますね。
カエルというのは無事帰るという語呂合わせで安全祈願の一種で家庭の玄関や庭先にあってご主人の
帰りを待っているのが可愛いですね。

そして、もう一つにはカエルの置物は商売繁盛の力を持っていると言われていますが、でもなぜ
カエルの置物の足は4本足ではなく3本なんでしょうかね?不思議なところです。

カエルの置物には無事かえる!などの語呂合わせのような使い方で、玄関や庭先に置いてあるのを
よく見かけますが、財運に効お果をもたらすカエル、

の場合商売繁盛させたい場合は無事カエルとは違って、こちらのカエルはカエルの口にコインを
噛ませて有る銭ガエルと言うものです。

ka2こちらの画像が銭ガエルですが、コイン噛んでるカエルを見たことありますか?

これも、蛇や虎、と同じく玄関やお店の入口に置くことが良いとされています。
ただここで注意が必要なのは、カエルの顔を、玄関から外に向けないことです。

カエルがお金を持って出て行ってしまってはいけないので、カエルがお金を銜えて家に
入ってくるイメージを作りましょう。

風水ではカエルがひょっこりジャンプして家に入ってくることはとても縁起がいいと
考えています。

象の置物にはこんな意味が有った!

「象」の置物にはどんな意味が有るのでしょうか?それは自分に自信を持てない時や自分が何を
したいのか良く分からない時には象を置くと良いと言うのですね。

「象」は自分のアイデンティティー(自分らしさ・個性)を表します!
自分に自信を持てない時や自分が何をしたいのか良く分からない時なんかには、象の置物や絵なん

か掛けると、自分の存在感が徐々に増してくるのが感じられると言われています。
そうです、ゾウは図体が大きいので非常に存在感が抜群ですね。

それでその力にあやかることで自分の存在感も増すのです。信念を強く持って何かを達成したい
時なんかは象の置物を周りに置いておくと効果的ですのでぜひやって見て下さい。

招き猫の種類は何種類あってどんな意味が有るのか?

招き猫といえば皆さんもよく知っておられますよね?誰でも知っている招き猫ですが、
でも招き猫には何種類もあって、まず右手を上げている猫と左手を上げている猫がいます。

この右手と左手には意味があって、右手を上げて招いている猫は金銭運を招くと
言われているんですね。

ne

それでは左手を上げている猫はどんな意味が有るんでしょうか?左手を上げて招いている猫は人を招き
お客様を招きいれると言うのですね。

ne2

両手を上げてる招き猫の意味は?

右手を挙げている招き猫は「お金を招く」とされ、左手を挙げている招き猫は「人を招く」と
されています。

それでは、右手と左手、左右両方の手を上げた招き猫は、「金運」と「お客様」の両方を招いてくれると
いわれています。

商売繁盛のためには、お金も人も両方招きたいですよね。これを一度に叶えてくれるのが両手招き猫!。
探して見るものですね〜お金も人も同時に招いてくれるなんて頼もしいですね。

両手を上げてる招き猫を選ぶ際の注意点としては、両手を挙げている招き猫は、お金も人も招いて
くれるとされる非常に縁起の良いものです。

ですが、両手を挙げている姿が万歳しているように見えてしまうという意見もあり、万歳=お手上げと
見なして嫌う人もいます。

縁起が良いものであることは間違いないのですが、プレゼントとして贈る際は注意が必要です。
そこで、おすすめの両手招き猫は「お手上げ」に見えないポーズの両手招き猫があったのを見つけました。

こちらの両手招き猫は、「江戸木目込み人形」の技術を活かした招き猫と言うのですが・・。
胴体にはエナメルや西陣織の上質な生地が使用され、カラフルでありながらも上品な印象。

こちらの両手招き猫は、手が低い位にあるので「お手上げ」には見えないのもポイントです。
胸の前で手を合わせ、お祈りをするようなポーズが愛らしいですね。

プレゼントとして大切な方に贈るのにも向いています。

招き猫の色も意味を持っている!

金色は、金運を招く猫です。

ko-4

 

 

白色は、福を招く猫です。

ne2

 

もも色(ピンク)は、恋愛運を招く猫です。

pi

 

 

黄色は、縁結びの猫です。

ki

 

黒は、魔除けの猫でご利益があると云われています。

ne5

 

赤は、病除けの猫という意味を持っています。

ne4

 

両手を上げた招き猫も探してみれば色々ありました。

色によってそれぞれ招くものも変わってきますので

参考にしてみてください!

 

さて、最後に2020年のテーマは「信頼と確信」「勝負に負けない」これが大事なキーワードになるという
話をしましょう。

人生で一番大切な事は、持って生まれた運勢よりも後天的な開運の努力が勝ることを「確信」することです。
そうすることで、おのずと「勝負に負けない」という作用が生じてきます。

言い方を変えれば「努力する自分を信頼する」「幸せになる確信を持つ」ということですね。
早めにネズミの置物を置いて、金運と財運と社交運も上げて2020年のことを考えましょう!

 

宝くじ購入と風水的買い方を調査!売り場の吉方位は本命卦や九星から!

2019年12月5日

2020年金運アップのために綺麗にする!風水的にやるべきポイントは?

2019年11月26日

風水で吉方位にパソコン!仕事運や金運アップに本命卦や水槽もチェック

2019年10月25日

最後まで読んでいただき有難う御座います。
どんなことでも気軽にお問い合わせください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください