風水で仕事運、結婚運、金運を見た!九星方位の張り欠けの影響も?

家を新築する時に、注意していただきたいのは、東西南北のみならず、東南、北西、北東、
南西のこの、八つの方位も注意を払って、水廻りや、トイレ、キッチン、各部屋を配置する

ことを、考えていきたいものですね。
そして、この八つの方位は、九星気学でも知られている、九つの方位があります。

九星方位とは、既にご存知の方も有るかもしれませんが、一応ご説明して置きましょう。
一白水星(北)二黒土星(南西)三碧木星(東)四緑木星(東南)五黄土星(中央)

六白金星(北西)七赤金星(西)八白土星(北東)九紫火星(南)と言う風に、九星の
一つ一つに方角がついているのです。

 

 

九星方位は主に、仕事運や結婚運、金運などに関連してくるので大事にすべきですね。
九星方位の吉、凶が大きく出るのは、家の形に関連しています。

家相では、家の形には、吉相の「張り」とか、凶相の「欠け」とよんでいるが、「張り」
とは家の出っ張りを指し、「欠け」とは引っ込んでいる部分を指しています。

「張り」も「欠け」も建物の一辺の長さの3分の1以下の出っ張りと凹みを指して
います。下図を参考にして下さい。

 

 

 

スポンサードリンク



これらの、九星方位に応じたトラブルの起こり方をまとめて見ました。

一白水星(北方位)
北は、神聖な場所であり方位なので、この方位が欠けていると、特に学術的な部分の
進展が望めなくなります。

医者や研究者なら絶対に欠けてはいけない方位ということになります。
吉相の「張り」を設けて勉強部屋にしたり、書斎にすると勉強運が向上します。

 

二黒土星(南西方位)
この方位に問題があると、特に女性に影響が出てきます。母の位置を表わして
いるので、主婦としての自覚を欠いた行動が多くなり、夫や子供に対しても

愛情を持って接することが難しくなります。特に二黒土星生れの女性は絶対
に、「欠け」を作ってはなりません。

又、南西は裏鬼門に当たるので、「張り」を儲ける事は避けなければなりません。

 

 

三碧木星(東方位)
この方位は、男女共に教職者が大事にしなければならない方位になります。
教職者で、この方位に欠けがあると、進展が望めなくなります。つまり、出世が難しくなる
と言うのですね。

三碧木星の教職者であれば、この方向はぜひ『張り』をつけて欲しいものです。

 

四緑木星(東南方位)
この方位に『欠け』があると、周囲の信用を失い、人間関係に影響が出てしまいます。
誰にとっても『欠け』があるのはよくありませんが、特に四緑木星生まれの方と、長女

の為には、小さくとも『張り』を設けて人間関係を円滑にしたいものです。

スポンサードリンク



 

五黄土星(中央)
中央はもちろん大切な場所です。家の中心に『欠け』があるのは珍しいのですが
吹き抜けになっていたり、中庭になっていることがあります。中心が無いとうことになり

一家の主人の運勢に悪影響を与えます。主人が五黄土星の生まれの場合、大きな災いを
被ってしまいます。

 

六白金星(北西方位)
北西は財産に影響してきます。事業家の方の家であれば、絶対に『欠け』を作ってはなりません
会社員の場合には、上司や部下などの人的財産に恵まれなくなるので、苦労の多い会社生活

になりやすいのでやはり『欠け』ができないように設計しなければなりません。

 

七赤金星(西方位)
西方位は、交際運を表していますし、女性では三女を表している場所です。
ここに、『欠け』を作ると男女ともに、結婚運が低下してしまいます。

悪くすると、主人や、妻の浮気にまで発展し、ドロドロした夫婦関係になってしまう恐れが
ありますので、くれぐれも要注意です。

 

八白土星(北東方位)
この方位に『欠け』があると、家族関係の悪化を助長してしまう傾向があります。
特に、財産相続などの問題が出て来た時に、泥沼化してしまう恐れがありますので大きな『欠け』

を作ると、取り返しのつかないことにも発展しそうです。
この方位は、表鬼門方位なので、『欠け』も『張り』も作ってはなりませんね。

 

 

九紫火星(南方位)
この方位は芸術家や芸能関係者には、大切にしなければならない方位と言えます。
ここが『欠け』であったり凹んでいては、才能を発揮できないことになります。

九紫火星生まれの人には、この方位に『張り』をつけて芸術、芸能分野で
活躍して欲しいものですね。

 

スポンサードリンク



最後まで読んで頂いて有り難う御座います

もし宜しければコメントなど

頂ければ幸いです

おすすめ記事





もしも記事を読んで気に入って頂きましたら、下記のソーシャルボタンで

共有して頂きましたら、とても嬉しいです ^^/

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す