太極 玄関 風水

風水では太極とは家の中心を言い主人の運勢表している場所である

投稿日:2017年9月2日 更新日:

玄関は家の顔であり、気の入り口でもあります。玄関が暗かったり
みすぼらしかったりすると、その家の運を下げてしまうとも言われています。

ですから、明るい玄関、広い玄関、きちんと片付いて、脱ぎ捨ててある靴
などがない様に、整理整頓を心がけて下さい。

そして、玄関には表札を必ず掛けましょう、表札がない家を時々見ますが
表札は、その家の運勢を左右するとまで言われているものですから、そこは

やっぱり運勢のある立派なものをかけるべきですね。
下図にも、玄関の良し悪しを書かれてありますので参考にして下さい。

 

スポンサーリンク


玄関まわりに水場が集中すると財が流れる!

財運といえばやっぱり気になりますね!
風水では、玄関の近くに、水周り(トイレ、風呂場、キッチン)などがあったり

また、吹き抜けや、窓が大きくて明る過ぎても、せっかく玄関から良い気が入って
来てもそこで気が散ってしまって、『気は風に乗じて散じ』のように、良い気が

家の中にとどまる事ができずに流れていってしまうのを漏財煞、波財煞と言って
風水ではNGとなります下図を参考にして自分の家もチェックして見て下さい。

 

 

形煞をしって階段や、各部屋の配置に注意しましょう

部屋の中に入れば色んな家財道具に囲まれて生活しますが、その中で良い気を
与えてくれる物と、逆に煞を放って私達を不安定な運勢にさせてしまうものも

あります。下図に示されているような事はあなたの家にあれば、改善されたほう
が賢明と言えますね。

スポンサーリンク


太極は家の中心であり主人の運勢を司る!

大極と言うのはその家の中心(重心)であり、その家の主人の運勢を司どって
いる場所と言われています。ですからこの大極の場所は、書斎であったりリビング

に有ると良いと言われています。太極が廊下になったり、階段や、はなはだしいのは
トイレの真ん中になっている場合があると、大変波乱な生活にならざるを得ません

下図を参考にして貴方の家をチェックして見て下さい。

空心煞は夫婦の絆が薄くなりやすい!

空心煞と言うのは、太極が家の外に出てしまっている状態を表わしています。
これらは、大きな邸宅に有るような中庭を造って見晴らしは良さそうなのですが

家の中心は、主人なのでその中心が外に出てしまっていてはそのご主人様の
場所がないというようになり外で2号や3号さんを作ってしまいやすいと言うのです

とうぜん、このように太極が外に出るような家相では、ご夫婦の絆も切れやすくなる
といわれますね。

 

 

そのほかに、太極が廊下や階段、ホールなども、空心煞になるような運勢に
なりやすいので、お家を建てる時はよくよく、注意が必要ですね。

迷った時には此方にご相談下さい。

最後まで読んで頂き有り難うございます

もし宜しければコメント欄に感想などを

頂ければ幸いです!

スポンサーリンク


-太極, 玄関, 風水
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

カメムシが発生する年は大雪?お婆さんの予言が大当り対策とかは?

カメムシが大量発生する年は雪が多い?という迷信なのか本当なのか? 今年は北陸地方は37年ぶりの大雪に見舞われています。そこで大雪 スポンサーリンク 関連

台所・風呂・トイレなどは 凶方位に本命卦の見方と本命気の使い方

台所と吉凶方位 家相を考える時もっとも難しいのが、台所や風呂、トイレ、などの水回りと呼ばれる 場所になりますね。又、コンロやボイラーなど火器の配置です。 全ての場所においても、吉相に配置する事が運気を …

表鬼門と裏鬼門・四隅線・正中線は注意が必要!火気や水周りなど

画像出展:https://www.google.co.jp 風水・家相といえば中国4000年の歴史の文化の知恵でありますね。先人の知恵であり 現代の私たちの生活にも大きな影響力を与えています。その中で …

no image

風水と観葉植物でアップする運気!部屋別の観葉植物のあれこれ!

お部屋のインテリアに欠かせない観葉植物ですが、 風水的な意味では良い気を呼び、悪い気を浄化するなどといわれます。 スポンサーリンク 関連

no image

風水で仕事運をアップ!体を健康にするには寝室や方位もチェック!

体を健康にしたい!仕事も成功させたいと願うのは、健全な心の持ち主 であれば、誰しも共通の 課題であり、人生の目標にしておられることではないかと思うのですが、 それを今回も風水的に考えてみようと思います …