風水で健康運を診断!十干の生まれ星方位は運勢にも影響すると言う

風水で健康運を診断する時、家を鑑定して見ます。新築で有ったり、既設の物件であ

ったりは関係なく同じように、平面図に上から方位盤を載せて、360度を鑑定

しながら吉、凶を、判断していくのですが、この方位盤には、色々と意味が

あります。

使い方としては、羅盤と呼ばれるもので、座星、向星を確認したり、それを基に

宅卦の決定や三元九運の判断、来水、去水、玄空飛星の配置の判定などなど・・。
まだまだあって、全部は紹介し切れませんが、その中でも比較的分かりやすい
と思えるのが、今回ご紹介する、十干方位と九星方位だろうと思います。

スポンサードリンク




 

 

さて、それでは十干とは、甲(きのえ)乙(きのと)丙(ひのえ)丁(ひのと)
戊(つちのえ)己(つちのと)庚(かのえ)辛(かのと)壬(みずのえ)
癸(みずのと)の10個をさして十干と呼んでいます。

 

これに、プラスして十二支の子(ね)丑(うし)寅(とら)卯(うさぎ)辰(たつ)
巳(へび)午(うま)未(ひつじ)申(さる)酉(とり)戌(いぬ)亥(いのしし)

 

の十二支を組み合わせて、鑑定用の羅盤ができあがっていますす。
ただ、戊と己は中央の位置に成るので鑑定用の羅盤には明記はされていません。


さて、本題の十干方位の説明に入りましすね。

 

方位盤の十二支の前についている「干」ですが、この十干にはそれぞれ配置
されるべき方位がありました。

 

まず、北、の方位には、「壬」と「癸」が、東の方位には「甲」と「乙」
南には、「丙」と「丁」西には、「庚」と「辛」「戊」は乾、巽、線上に

 

「己」艮、坤の線上をと各々が配置されます。

 

家相の上で、盛衰と関係してくるものは、十二支方位、九星方位とこの十干方位
になりますが、生まれ星と家相の関係で、比重の重いもののトップは、十二支方位

 

で、これは、健康に最も深い関係にあります。その次が、九星方位ですが、
これは、運勢的に最も重要な意味を持っています。

 

一般的には、この二つを重要視していれば、問題はないし、大きな問題や災いは
起きないと言えるでしょう。

スポンサードリンク



しかし、十干方位が影響する場合もあります。
当然と言えば当然なのですが、人間一人ひとりの持っている運勢と言うものは

 

悲しいかな、平等ではありませんね。生まれながらに運の強い人もあれば、
不運を背負って生まれている人もあります。

 

健康も同じで、病弱に生まれ付いている人もおられますね。このような人たちの
場合には、十二支方位、九星方位、にプラスして十干方位も見てあげなければ
なりません。

 

しかしながら、殆んどの場合は十二支方位と九星方位を鑑定して問題がなければ
と言うのは、その方位に出入り口、階段、水周り(台所、トイレ、風呂)

 

「欠け」「不浄張り」などが当てはまらないと言う事ですね。
十干方位は特別な時以外には大きな問題にはならないと思いますが、いろいろ

 

と鑑定はしてもらったんだけれどなんだか、願ったようにはなっていないな~
などと悩みがあったときなどには、もう一度この方位を見直して見て下さい。

 

スポンサードリンク



最後まで読んで頂き有り難うございます

もし宜しければコメント欄に感想などを

頂ければ幸いです!

おすすめ記事





もしも記事を読んで気に入って頂きましたら、下記のソーシャルボタンで

共有して頂きましたら、とても嬉しいです ^^/

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す