インテリア 吉方位 風水

風水で運気をアップ!インテリアやリビングの椅子の色も

投稿日:2016年11月14日 更新日:

こんにちは!開運 風水師 聖山玄龍です。最近のご相談です。

インテリアのアドバイスをさせていただくことも多いので少し

まとめて書いていきますね。

人が氣にいるモノとかセンスはひとそれぞれなので、どれが

正解だというワケではないんですね。

ge-2

それでも、物心一如という言葉もあるように、自分が使う全てのものは

自分と繋がっている、或いは運命を共にしていると言える部分も

有りますので、その人との相性みたいなものが存在しています。

 

風水のアドバイスで運気アップの為によくお伝えする基本的な

内容となると、まず本来は、住む人の目的にあわせて

ケースバイケースで選ばなければなりませんね。

スポンサーリンク


まずは、椅子を選ぶ際に注意すべきことは?

「素材」

素材については、リラックスやくつろぎが欲しい場合には

・ウッド系 、自然素材系などを使用しましょう

 

su3

 

 

集中力や、シャープさが欲しい場合には

・金属系、化学素材系が良いでしょう。

 

su2

 

「 すわり心地 」

すわり心地については、

・固ければ固いほど緊張感が増し

・柔らかければ柔らかいほど氣がゆるんできます

オフィスや勉強机については

「 固め 」がオススメですが

カチンコチンで、

固すぎると疲れやすくなり

集中力を失ってしまいます。

鑑定はこちらから

ソファなどは、

「 柔らかめ 」がオススメですが

柔らかすぎると無氣力になりますので、

注意が必要となりますね。なので、自身でなるべく座ってみて

すわり心地をたしかめる必要があります。

オススメなのは

 

su1

 

やや固め、やや柔らかめ布地仕上げのモノ

(化学繊維でもOK)です。

スポンサーリンク


「色彩」

色彩については

目的やその他のインテリアに

あわせていきます。

リラックスしながらの集中が必要であれば

「寒色系(ブルー・グリーンなど)」を使いますし、

やる氣や活力を必要であれば

「暖色系(赤・オレンジなど)」を使います。

安定性やゆるやかさの場合は

「ブラウン系」を使います。

 

「背もたれ」

背もたれについては

なるべくしっかりとしたモノを選びます。

背後からやってくる氣は

すべて殺氣(緊張を及ぼす氣)となりますので、

背もたれがあることで安心感をもたらします。

背中がに背もたれがあっても

空洞になってスカスカしているものは

氣がぬけやすくなります。

 

su4

 

その場合は、クッションなどを背中において

調整していきます。

※ダイレクトに背中に風があたると

氣が抜けやすくなるという意味ですので、

メッシュなどの通氣になっている

ものは問題ありませんね^^/

最後まで読んで頂き有難うございます

もし宜しければコメントなど頂ければ

幸いです。

スポンサーリンク


-インテリア, 吉方位, 風水
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

金運をアップする8つの知恵!食べ物や神社も風水で!

私もそうなんですが、皆さんもお金が好きですよね(笑い) そこで、本当か嘘か!金運があがる8つのコツを教えます! これで宝くじで一攫千金も夢じゃない!かもですが、 誰もが夢見る億万長者。宝くじなど買って …

no image

風水で玄関をコーディネート!水晶や開運グッズに恋愛運アップにも

玄関の風水というのを今日は考えて見ましょう。 玄関は全ての氣の入り口であり運気の吉・凶のを決定させる源になります。 スポンサーリンク 関連

no image

風水の基本は巒頭と理気を観て判断することが最も重要なポイント!

巒頭と理気 私たちは、森羅万象のエネルギーの中で其の生気を与えられながら生かされ 生きています。したがって其処には私たちを応援し助けに成る物と、 逆に阻害する物とが存在しています。風水学を通じて、自分 …

カメムシが発生する年は大雪?お婆さんの予言が大当り対策とかは?

カメムシが大量発生する年は雪が多い?という迷信なのか本当なのか? 今年は北陸地方は37年ぶりの大雪に見舞われています。そこで大雪 スポンサーリンク 関連

風水で旅行を計画!2017年凶方位に出かける時の注意と対策は?

風水で旅行に行く時のことを診断してみました。人は行動する時に吉方位と凶方位 とがあるというのですが、いちいち、そんな事を気にしていたらどこも 行けないよ!とブーイングが飛んできそうな気がしないでもない …